13.      医療法人の設立登記

医療法人は、登記所(法務局)へ設立登記しなければ成立しません。
 
 (医療法第43条)

従って、医療法人設立許可があれば、設立許可のあった日から2週間以内に主たる事務所を管轄する登記所に、理事長が登記の申請をしなければなりません。
 
 (組合等登記令第3条)

 さらに設立登記後は、「設立登記完了届」を知事へ提出してください。

 (組合等登記令第2条)

(1)目的及び業務

(2)名  称

(3)事 務 所

(4)理事長の住所及び氏名

(5)存立時期又は解散の事由を定めたときは、その時期又は事由

(6)資産の総額(正味資産額)


 また、設立登記申請書類の添付書類は、次のとおりです。

 (組合等登記令第16条)

(1)定  款

(2)理事長の資格を証する書面

(3)設立許可書

(4)資産の総額を証する書類

(5)代理人によって申請する場合には、その権限を証する書面

 なお、設立登記の際に、理事長の印鑑を同時に登記所へ届け出る必要があります。

制度の概要

医療専門税理士社会保険労務士事務所
医師、歯医者、医療法人、診療所専門税理士です

フリーダイヤル
フリーダイアル  0120-917-189 

 075−603−8000

医療専門税理士社会保険労務士事務所

〒612−8053
京都府京都市伏見区東大手町778
 MOMOYAMA HILLS 2F

電話番号


FAX番号
   020−4667−1065
【医療法人】 【個人開業】 【提供内容】
 医療法人設立Q&A  開業したいお医者さんへ  医院(診療所)に提供するサービス内容  
 医療法人設立のながれ  開業にともなう諸手続き  所長の自己紹介
 医療法人のメリットとデメリット    開業されているお医者さんへ  
 医療法人設立にともなう手続き  電子商取引法にもとづく表示  
 医療法人制度の概要